フリーのPDF付き!インテリアにもなるかわいい羊の身長計『メェメェメジャー』の作り方!

DSC_0468

プリントしてラミネートして並べるだけ!こどもも喜ぶ、成長記録にぴったりの身長計です!

  • 対象  : 幼児~小学生(3-12才)
  • 工作Lv : ☆☆☆☆~☆☆☆☆☆ (3.中学生以上~4.工作の好きな人向け)
  • 大きさ : 約30cm×200cm(たたむとA4サイズ)
  • 材料費 : 200円程度(ラミネートフィルム代)

 

広げるとこんな感じです♪

DSC_0472b

 

材料

  1. イラスト(このページからダウンロードできます)
  2. コピー用紙10枚
  3. ラミネートフィルムA4・150ミクロン

 

ラミネートフィルムはA4・150ミクロンにしてください。

100ミクロンのものだと立てて使うのが難しいです。

(壁などに貼り付けて使う場合は100ミクロンでも構いません)

 

完成時のクオリティが段違いなので、ラミネートを是非ともオススメしますが、しない場合はA4画用紙で代用してください。

画用紙だけで作る方が、工作の難易度は下がります。

 

道具

  1. ハサミ
  2. セロハンテープ
  3. ラミネーター

セロハンテープの代わりに幅広の透明テープを使うと、よりしっかりと作れます。

 

ラミネーターは1つあると工作の幅が一気に広がるので、ある程度本格的な趣味としてやりたい方には是非おすすめです!

安いものなら2000円~3000円で購入できます。

 

私が使っているのはこれです。

A3まで対応して、4本ローラーなのでキレイに高速に仕上がり、なおかつデザインがオシャレなので気に入っています。

 

作り方

1.PDFをダウンロード

私が描いたイラストを載せてありますので、必要な方は下からダウンロードして使ってください。

もちろん、自分でオリジナルのもの描いて使ってもOKです。

 

『メェメェメジャー200cmPDF ダウンロード』

メェメェメジャー印刷用

 

これらのイラストはフリーです。みなさんのおうち・幼稚園・保育園・学校等で自由にお使いください。

加工も自由に行っていただいて構いません。

ただし、著作権は放棄しておりません。

web上での二次配布画像への直リンクはおやめください。

 

2.プリントアウト・カット

DSC_0449

『メェメェメジャー』は計10ページになります。

ラミネート加工するので、プリントアウトはコピー用紙でOKです。

 

ラミネート加工しない場合は、コピー用紙だと曲がってしまうので、画用紙に印刷してください。

 

印刷できたら、四角の点線にそって、ハサミでカットしてください。

(ラミネート後にカットしても構いません。)

 

3.ラミネート

DSC_0452

順番にラミネートしていきます。

ラミネートされていく羊たちの姿が無性にかわいいと感じてしまうのは私だけでしょうか・・・。

 

ラミネート後も、点線のすぐ外側をハサミで切ります。

この時ていねいにすればするほど、メジャーとしての精度があがります。

余白が残っていたり、点線部も切って削ってしまうと、多少誤差が出てきます。

 

4.組み立て

DSC_0372

セロハンテープで付けていきます。

メモリと数字を見ながら、順番通りに上に積み重なるようにつないでください。

 

ちなみに、山折り谷折りが出来るようにセロハンテープの貼り方を工夫すると、、A4サイズにコンパクトに折りたたむことができるようになります。

 

DSC_0457

まずは谷折り部分から先に付け、

 

DSC_0459

折りたたんで、山折り部分にセロハンテープをつけます。

 

これを交互に行います。

慣れるまでちょっと難しいですが、コツを掴めば簡単です。

キレイに折りたためることを確認しながら、組み立てていってください。

 

完成!

DSC_0472b

10枚つなげば、メェメェメジャーの完成です!

200cmまで測ることができます!

 

DSC_0470

折りたたむと、大きさはA4サイズ、厚さは10mm未満です。(150ミクロンフィルムの場合)

 

身長計として、お部屋に飾ってください♪

 

DSC_0473

付箋を貼ったり直接書き込んだりして、成長の記録をつけていくと楽しいですね。

 

アレンジ案

DSC_0409

 

写真のように、カプラ積みなどのゲーム時測定メジャーとしても使えます。

普通の巻き尺でも問題はないのですが、やはりイラスト付きのメジャーの方が盛り上がります!

 

気をつけるポイント

PDFを等倍で印刷し、点線の外側を正確に切っていただければ、メモリはそこそこの精度があるとは思いますが、多少の誤差はどうしても出てしまうので、ご了承ください。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ