『玉入れバケツリレー』のルールと遊び方

玉入れバケツリレーの様子

ゴールがどんどん遠くなる!?シュート役とゴール役のチームワークがポイントの玉入れゲームです!

  • 人数 :6人~
  • 年齢 :幼児~中学生(5才~15才)
  • 時間 :1ゲーム10分以内
  • 運動量:☆☆ (中)
  • 道具 :ボール、カゴ(バケツ),ビニールテープ,ストップウォッチ

 

おすすめポイント

  1. 一風変わった玉入れ&リレーゲームなので、とっても斬新でみんなワクワク!
  2. 投げる係と受け取る係のコンビネーションが大切なので、チームワークが自然と上達!
  3. 距離を調整すれば、幅広い年齢にアレンジ可能!

 

準備

道具

玉入れバケツリレーの道具

  • カゴ 3コ
  • カラーボール 20コほど
  • ビニールテープ

カゴを3つと、カラーボールを20コほど用意します。

(1チームあたり10コくらい)

カゴは100均のものやバケツでokです。こどもが持ちやすいサイズものを選びましょう。

カラーボールはおもちゃ屋さんで買うことも出来ますし、100均にも売っています。

 

コースセッティング

コースセッティング

ビニールテープを使って、スタートラインを1本、ゴールラインを4本用意します。

チーム数だけセットしましょう。

距離の目安は、スタートラインから最初のゴールラインまでは約1.5m、それ以降は1mずつです。

部屋の広さや参加者の年齢に合わせて調整してください。

 

ゲームのルールと流れ

ルール

  1. シュート係がボールを投げ、ゴール係がそれをカゴで受け取る。
  2. ゴール係は、最初は一番手前のゴールラインに。入る度に1つ後ろに下がる。
  3. ゴール係は、その場から動いてはいけない。
  4. 腕を伸ばしたり、前のめりになったりするのはOK.
  5. 最後のラインまで行ったら交代。シュート係が次のゴール係になる。
  6. 先に一周したチームの勝ち。

 

流れ

ルール説明

まずはチーム分けをします。

チームの人数が同じにならなくてはいけません。

少ないチームがあったら、2回投げる人を立候補やじゃんけん等で決めましょう。

 

チーム毎にスタートラインに並んでもらいます。

スタッフが実演しながら、ルールを説明します。

シュート係がスタートラインに立ちゴール係が一番手前のゴールラインに立ちます

 

ゲームの様子

準備が出来たら、ゲームスタート!

ゴール係はラインから移動してはいけません。

でも、その場で腕や体を前後左右に動かすのはOKです。

ボールが入りやすいように工夫しましょう。

 

 室内レクの様子

ボールが入ったら、1つ後ろのラインに移動します。

少しずつ距離が開いていくので、後半ほど難しくなります。

ボールが一瞬入っても、バウンドして外に出てしまったらアウトです。

シュート係とゴール係のコンビネーションが問われます!

 

玉の返却とバトンタッチ

一番後ろのゴールラインでシュートが成功したら、次の人にバトンタッチです。

たまったボールを真ん中のカゴに戻しましょう。

次の順番の人が新しいシュート係になります。

シュート係をしていた人が、新しいゴール係になります。

 

このサイクルを繰り返していって、

先に一周したチームの勝利です!

 

ワンポイントアドバイス

普通に一周するだけだと、先頭の子と最後尾の子の参加回数が減ってしまいます。

(先頭の子はシュート係の番なし。最後の子はゴール係の番なし)

ゲーム開始時に、最後尾の子がゴール係をやると、全員が同じ回数だけ参加できます

 

アレンジ案

コースの距離を調整することで、難しくも易しくも出来ます。

 

幼児向けには、距離をうんと短くしましょう。

コースの具体的な長さは幼児の年齢・月齢によって変わります。

スタートラインからゴールラインまでを60cm,ゴールライン間を30cmで、ゴールラインを計3本くらいが目安です。

また、ボールよりもお手玉などをがオススメです。

跳ねて飛び出すことがないので、ゴールしやすくなります。

 

中学生以上が遊ぶ場合は、距離を開きましょう。

等間隔ではなく、最後をうんと遠くするのも面白そうです

また、「一度外したら1ライン前に戻る」というペナルティをつけるのもオススメです。

連続でゴールが決まらないと次の人にバトンタッチ出来ないので、もどかしくて盛り上がります。

 

気をつけるポイント

堅いボールを使わなければ、直接ケガになるようなリスクは少ないと思います。

思わぬ場所にボールが飛んで行ったときのため、壊れやすいものをまわりに置かないようにしましょう。

 

リレーの順番がわかりにくくなります。

順番待ち→シュート係→ゴール係→待機 という流れです。

スムーズにバトンタッチできるように、スタッフが横で「次は○○君がゴール係」と指示してあげると良いでしょう。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ