『バイブルプレイヤーズ』初プレイの感想とレビュー

2014-03-23-16.05.59

教会初披露&初プレイ!トレーディングカードゲーム好き向けのゲームかな?

 

私が別サイトで2014年3月に書いたレビュー記事。

サイト統合するため、こちらに記事を移籍することにしました。

 

小学校5年生のTくんとのお試しバトル

プレイ風景

午後、家に帰る間際の小5のTくんを呼び止めました。

リュックを背負って帰る気満々だった彼、ゲームのパッケージを見た途端、表情が一変!

お母さんの許可をもらい、喜んで残って、一緒に遊んでくれました!

 

遊んでいる様子

ルールブックを2人でざっと読んで、「とにかく1戦してみよう」ということに。

お互いまだルールに詳しくないので、ルールブックを見ながらのバトルです。

 

遊んでいる様子

最初は空いてる母子室で遊んでましたが、途中から教会のホールに移動。

私がヨハネデッキ、Tくんがペテロデッキです。

ヨハネデッキは「早逃げ即あがり」が得意で、ペテロデッキは「攻撃(妨害)」が得意のようです。

 

 勝敗

合計4-5戦ほどした後、私が用事のため途中で退席。

私は大人げなく本気を出して、2戦目以降は全部勝ちました(笑)

 

……といっても圧勝ではありません。

さすが、一般のカードゲーム慣れしているTくん、しっかり戦略を練って、上手に妨害してきました。

「次のターンに祈りカード出して勝ててたのに!」というシーンの多い、接戦でした!

 

あと、私がずっとヨハネデッキを使っていたのもあると思います。

これは早逃げがしやすいです。

次回はデッキを交換して勝負してみたいと思います。

 

ゲームのルールと特徴

2014-03-23-16.10.15

このゲームは、相手を直接攻撃するタイプのゲームではありません。

これは開発者のこだわりとのこと。

(たしかに、「ヨハネの攻撃!ペテロ死亡!」とかちょっと嫌ですね……)

 

自分の場にキャラカードを出していき、その下に祈りカードをつけます。

祈りが3枚ついたキャラカードを、3セット先に場に出した方が勝ちです。

トランプで言うと、「ページワン」なんかが近いかもしれません。

キャラカードには、それぞれ効果がついていて、場に出す度に色んな効果が発動します。

 

また、キャラと祈りと別に、「聖句カード」というものがあります。

普通のカードゲームでいうところの、魔法カードにあたるものです。

手札をリセットしたり、祈りを追加でつけたり、いろんな効果があります。

キャラカードと聖句カードの効果をしっかり把握し、どれだけ使いこなせるかが鍵になってきます。

序盤はゆったりと進みますが、終盤でどれだけ効果をうまく使い、相手に邪魔される前に自分の列を仕上げるかがポイントです。

 

このゲームが間違いなくオススメな対象

Tくんと数戦してわかったことがいくつかあります。

まず、このゲームはトレーディングカードゲーム好きには超オススメということです。

ルールは、トレカにしてはシンプルな方ですが、それでもトランプやUNOに比べると複雑です。

 

最後の1-2ターンでどれだけ追い込みをかけるかなかなか戦略が必要です。

既成のカードゲーム好きの小中学生に、とてもオススメします!

 

聖書がカッコイイカードゲームになってるということで、きっと喜んで遊んでくれるでしょう。

もちろん、トレーディングカードゲーム好きな人以外でも、遊べます!

 

しかし、そもそも2人プレイ用ですし、UNOみたいに大人数でワイワイ楽しむものではないのかもしれません。

といっても、2人で遊んでいると、まわりにギャラリーが出来ていました。

大人も子供も、興味津々のようでした。

そういう意味ではみんなでワイワイできます!

プレイしたい子が多い場合は、トーナメントなんかしたらおもしろいかもしれません。

 

まだまだ検証不足!

この日、夕方まで用事があったため、ゲームする時間があまりありませんでした。

まだ、ペテロデッキとヨハネデッキしか試していません。

このゲームは、拡張デッキを使ったり、自分でカスタマイズするとさらに戦略の幅が広がります。

また来週以降、Tくん以外の子にも遊んでもらいたいと思います。

 

※Amazonでも買えるバイブルプレイヤーズ

なんと、アマゾンからも買えたようです……!

『バイブルプレイヤーズ』は、以下の公式サイトから調べたり購入したりすることが出来ます。

 

『いのちのことば社 http://www.wlpm.or.jp/bibleprayers/』

 

拡張パックなど、色々出ているようですね!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ