時間厳守の自己紹介ゲーム!『ジャスト30秒』の遊び方

 

30秒自己紹介ゲーム

時計を見ずに30秒ぴったりで自己紹介できるか!?チーム内『特訓タイム』付きのオープニングゲームです!

  • 人数 :10人~ (個人戦なら5人から)
  • 年齢 :小学生以上(6才~)
  • 時間 :1ゲーム15分~30分
  • 運動量:☆ (少)
  • 道具 :ストップウォッチ (スマホアプリ等で可)

 

オススメポイント

  1. 約5人~約50人まで、チーム分け次第で幅広い人数に対応可能!
  2. 道具いらずで簡単!いつでもどこでも遊べます。
  3. 自己紹介要素はもちろん、『特訓タイム』で協力するので、アイスブレイクやオープニングゲームに最適です!

 

準備 (自己紹介のお題)

自己紹介のお題を事前に準備しておきます。

以下にお題例を載せます。8コくらい選んで使いましょう。

  • 名前
  • ニックネーム
  • 学年/仕事
  • 趣味・特技
  • 部活
  • 好きな食べ物/教科/スポーツ/音楽/テレビ/芸能人/動物
  • 嫌いな食べ物/苦手なもの/動物
  • 一番の宝物/思い出
  • 子供の頃の夢/今の夢
  • 最近のハプニング/失敗談

ゲームのルールと流れ

ルール

  1. チーム毎に代表者を選び、30秒で自己紹介出来るように特訓
  2. 代表者はみんなの前で時計を見ずに自己紹介。周りからのヒント厳禁!
  3. 30秒に近いチームの勝利!

 

流れ

グループ分け

参加者をチーム分けします。1チーム4人以上いると良いでしょう。

せっかくの自己紹介ゲームですので、既に知っている人同士で集まらないようにしましょう。

 

自己紹介ゲームのお題

司会が、自己紹介のお題を提示します。8コくらいが良いでしょう。

各チームでしばらく自己紹介し合います。

時間は5-10分くらい取ります。

 

一通り終わったら、司会がゲームの続きを説明します。

(最初に全体像を説明するのではなく、ステップ毎に説明していく方が、わかりやすくてワクワク感も高まります。)

「チーム毎に代表選手を1人決めてもらうこと」「後で、みんなの前に出て30秒ぴったりになるように自己紹介すること」を伝えます。

勝負の前に、代表選手が上手に発表出来るよう、チーム毎に特訓タイムです!

 

30秒自己紹介特訓中

訓練中は、時計やストップウォッチを自由に使ってもらってOKです。

その人が30秒ぴったりで自己紹介出来るように、何回も練習しましょう。

このとき、チームで協力することになるため、みんな仲良くなることが出来ます

 

といっても、練習時間を長く取り過ぎると間延びしてしまいます。

「まだ完璧に練習出来てないんだけど……!」という時間、5分くらいがちょうど良いでしょう。

 

発表中です

代表選手が順番に前に出て、自己紹介します。

部屋に時計がある場合、時計が見えない位置に立ちます。

もちろん、周りの人が「あと5秒!」などのヒントを出すのは厳禁です。

 

司会が「スタート」と言ったら自己紹介スタート!

ストップウォッチで時間を計り始めます。

発表者は、最後に「~~~です。よろしくお願いします。」と言います。

「す」のタイミングに合わせて、司会がストップウォッチを止めます。

 

タイム測定

結果を、チーム毎に書いていきます。

(ホワイトボード等がない場合は、口頭で発表してもOKです。)

この時、タイムの書き順を工夫してみましょう。

『33.82秒』なら、『○○.○2秒』→『3○.○2秒』→『3○.82秒』→『33.82秒』という風に、1桁目を最後に書くと盛り上がります。

 

すべてのチームの発表が終わったらゲーム終了。

30秒に一番近かったチームの勝利です!

 

ワンポイントアドバイス

チーム分けは完全にランダムでもいいですし、初対面の人が混ざるように意図的に組み分けても良いです。

自己紹介のお題はいくつか提示しますが、発表の時は無理に全部言わなくてもOKです。

参加人数が少ない時は、チーム戦ではなく個人戦にすることが出来ます。

 

アレンジ案

特に、参加者が小学生の場合は、見てるだけではなく自分で発表したいと思うはずです。

チームから複数代表者を出すか、全員が発表出来るようにしましょう。

 

その場合の勝負方法は、以下のパターンが考えられます。

  1. 全参加者のうち、もっとも近かった発表者のチームが勝利。
  2. 1人毎に、誤差に合わせてポイントを記録して、合計点で勝負。
    (ジャストは10点、1秒以内は5点,5秒以内は3点,10秒以内は1点 それ以上は0点など)
  3. チーム全員が前に出て、連続で自己紹介し、全員合わせて2分で発表するのを目指す。

 

参加人数や参加者の様子に合わせて、アレンジしましょう。

 

気をつけるポイント

体を動かさないので、怪我の心配はありません。

参加者が気まずくなるようなお題、難しすぎる質問は避けましょう。

自己紹介や『特訓タイム』をリード出来る人がいないチームだと、沈黙してしまう危険もあります。

初対面の比率が多い場合などは、各チーム1人ずつくらい、会話をリードするスタッフが入るようにしましょう。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ