破かず進め!『新聞紙リレー』の遊び方

新聞紙リレーのゲーム風景

新聞紙から落ちないように!ジャンプしながら前に進む、全身を使ったリレー競争です!

  • 人数 :6人~
  • 年齢 :幼児~小学生、または高校生以上(4才~12才,16才以上)
  • 時間 :1ゲーム10分以内
  • 運動量:☆☆☆ (多)
  • 道具 :新聞紙、ストップウォッチ

 

おすすめポイント

  1. 必要なのは新聞紙だけだから、準備がとっても簡単!
  2. とんで、はねて、ひっぱって!体全体を思いっきり使った全身運動!
  3. 破かないように繊細に。大人も意外と楽しめる!

 

準備

道具

新聞紙を使います

  • 新聞紙 1人あたり2枚程度
  • ストップウォッチ 1コ

新聞紙を用意します。

参加者1人あたり2枚程度あれば十分です。

平均年齢が低い場合は、少し多めに用意しておきましょう。

 

コースセッティング

コースセッティング

スタートと折り返し地点を設定します。

距離は、参加者の年齢や教室の広さに合わせて調節してください。

私が遊ぶ時は、小学生が参加で5mくらいのコースにしています。

(写真では間にも線が引いてありますが、スタートと折り返し地点の2つだけで大丈夫です。)

 

ゲームのルールと流れ

ルール

  1. 1人1枚新聞紙をもらって、新聞紙の上に乗る。
  2. 前の方で、端を両手で持つ。
  3. ジャンプと同時に、新聞紙を引っ張て前に進む。
  4. 途中新聞紙から落ちないように!
  5. 進めないくらい大きく破けたら、その場で新しい新聞紙に交換。
  6. 早いチームの勝利。

 

流れ

1人1枚、新聞紙を準備

チーム毎に並んでもらいます。

1人1枚、新聞紙を配ります。

スタッフが実演しながら、ルールを説明します。

 

ゲーム風景

準備が出来たら、ゲームスタート!

新聞紙から落ちないようにしながら、前に進みます。

腕、足、体幹と、全身を使う必要があります。

 

急ぎすぎるとビリビリに破けてしまいますし、慎重過ぎるとなかなか前に進めません。

バランスが大切です。

ちなみに、ちょっとくらいなら破けてもOKです。

 

途中でやぶれたら、すぐ補充

もし、それ以上進めなくなるくらいビリビリに破けてしまったら、すぐに新しい新聞紙と交換します。

スタッフは常に横に待機しておきましょう。

 

前の人が戻ってきたら次の人が出発します。

先に一周したチームの勝利です!

 

ワンポイントアドバイス

次の人にバトンタッチ

盛り上がってくると、破けたまま強引に進む子も出てくるので、チェックしましょう。

また、当然ですが フライングはダメです。

前の人がきちんとゴールしてからスタートすることも徹底しましょう。

 

 

アレンジ案

手を使わない方法もアリです。

体の反動を上手く利用して、足だけを使って新聞紙をスライドさせながら前に進みます。

こちらの方が難易度は上がりますが、その分ダイナミックな動きになって盛り上がります。

 

基本的に小学生向けのゲームなので、中学生だと恥ずかしがってやりたがらないかもしれません。

ところが、高校生や大学生以上のメンバーで遊ぶ場合は、この子どもっぽい動き逆にハマります。

私は以前、高校生・大学生のグループのレクでこのゲームを使いましたが、大人が新聞紙の上にのって必死に進む姿はなんとも面白いです。

参加者はもちろん、観戦者がとても楽しそうでした。

 

中学生以上が遊ぶ場合、新聞紙はチームで1枚にしましょう。

前の人が張り切りすぎて破いてしまうと、後のランナーは小さくちぎれた新聞紙を使うことになり、とっても走りにくくなります。

スピードとバランスとチームワークが重要になってきます。

 

気をつけるポイント

転んでケガをしないようにしましょう。

幼児が遊ぶ場合は、バランスを崩しやすいので、ゆっくりでOKです。

 

意外と激しい運動になります。

普段体を動かさない大人が遊ぶ場合は、簡単に準備運動をしましょう。

私は全力で2往復しただけで、次の日腹筋が筋肉痛になってしまいました。(汗)

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ