長いのはどっち!?『ヒモ引きゲーム』の遊び方

ヒモ引きゲームの様子

オリジナルのヒモくじを引いて長さを競う!シンプルだけどドキドキ・ワクワクのゲームです!

  • 人数 :5人~
  • 年齢 :幼児~小学生(4-12才)
  • 時間 :1ゲーム10分以内
  • 運動量:☆(少)
  • 道具 :空き箱、手芸用の紐、セロハンテープ

 

おすすめポイント

  1. ヒモを引くだけの簡単ルールなので、みんなすぐに覚えられます!
  2. 背丈くらい長かったり、親指くらい短かったりする、引いてみるまでわからないドキドキ感!
  3. チーム分けしてヒモをたくさん用意すれば、大人数でも同時に遊べます!

 

準備 (空き箱にヒモをセット)

材料と作り方

空き箱にあなをあけます

  • 手芸用のヒモ
  • 空き箱

空き箱と手芸用のヒモを用意します。

ヒモは単色でもいいですが、何色か用意してカラフルにすると見た目も楽しくなります。

 

箱は、底がA4サイズくらいでしっかりした作りのものならばなんでもよいです。

私は、靴の空き箱を使っています。

いらなくなったボールペンなどを使って、箱に30個くらい穴をあけます

(数は参加人数に合わせて調節してください。)

 

ヒモの長さに思いっきり差をつけて

ヒモを30コほどに切り分けます。

このとき、長さにおもいっきり差を付けるのがポイントです。

短いものは5cmほど、長いものは1mほどにしましょう。

 

それぞれ片側を結び、片側にはセロハンテープをつけて固くします。

 

ヒモをセットした箱

箱にヒモを刺して完成です。

外から引っ張って抜けるようにします。

 

箱の中身

ちなみに、中身はこのようになっています。

どれが短くてどれが長いか、外から見てわからないようにしましょう。

 

ゲームのルールと流れ

・ルール

  1. 順番にヒモを引く。
  2. 引いたヒモを、まっすぐ床に並べる。
  3. 長いチームの勝利!

 

・流れ

ゲーム開始直前。みんなわくわくです。

チームごとに並びます。

何チームでも遊ぶことができます。

1チーム4人以上にすると盛り上がると思います。

 

先頭の人から順番に、ヒモを引きます。

 

引いた紐をならべていきます

引いたヒモは、スタート地点から並べていきます。

両端をセロハンテープで軽く止めて固定します。

なるべくまっすぐになるようにしましょう!

床の模様など、目印があるとわかりやすいです。

 

すごく短かった!

アタリのヒモはすごーく長いのですが、ハズレはびっくりするくらい短いです。

この落差が、こども達にはとても楽しいようです。

 

どのチームが一番長いかな?

部屋のスペースが足りないときは、途中で折り返しましょう。

 

全員引き終わったら、一番長いチームの勝利です!

 

ワンポイントアドバイス

シンプルなルールで、幼児から小学生まで楽しめます。

完全に運が左右するゲームなので、年齢や能力差によるハンデがつきません。

ヒモの長さは思いっきり差をつけましょう。

 

こどもに人気なので、私は何回もこのゲームをしていますが、毎回なかなか接戦になります。

途中まで負けていても、最後に一発逆転するところがまた面白いです。

 

ヒモを次々と並べていく作業は結構大変です。

スタッフが足りないときは、自分が引いた分は自分で並べてもらいましょう。

 

連戦する時は、それまでの続きにつなげていきましょう。

あまりに差が付いてしまった場合は、一度リセットしても良いでしょう。

 

気をつけること

ヒモを引いて並べるだけなので、ゲーム中に怪我をする危険はまずありません。

こどもがヒモを選んでいるときに、箱がうっかり開いてしまわないよう、しっかりと持ちましょう

 

接戦の時、ヒモのたるみが原因で勝敗が決まってしまうとよくありません。

ヒモはまっすぐ並べましょう。

床の模様を目印にするか、あらかじめビニールテープをまっすぐ引いておく方法もあります。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ