高速足踏みゲーム『万歩計で何歩?』の遊び方

万歩計で何歩ゲームの様子

万歩計をつけて、30秒間その場でひたすら足踏み!何歩カウント出来るかを競うゲームです!

  • 人数 :2人~
  • 年齢 :小学生(6-12才) (アレンジ次第で、中高大学生にも対応可)
  • 時間 :1ゲーム3分以内
  • 運動量:☆☆☆(多)
  • 道具 :万歩計(歩数計)、ストップウォッチ

 

準備

道具の準備

■万歩計(歩数計)

100均万歩計

万歩計を用意します。

1つでもいいですが、チーム戦で同時に戦わせる場合は、2つ以上用意しましょう。

 

高級品を用意する必要はありません。

100均でも買うことができます。

 

しかし、100均のものは質が悪く、ちゃんとカウントしなかったり、壊れやすかったりします。

私も今回は100均のものを2つ用意していたのですが、片方はゲームが始まる前に壊れました(汗)。

余裕があるならば、500~1000円程度のを用意しましょう。

クリップ形式で、ズボンやポケットにそのまま装着できるものがオススメです。

 

■ストップウォッチ

ゲームが白熱してくるとスタッフも熱中してしまうので、時計の秒針だと見逃す可能性があります。

スマホのアプリでもOKです。

(私も、こどもの応援に夢中になって、カウントがあやふやになってしまったことがありました。)

 

ゲームの流れ

準備運動

なかなか激しい運動になるので、まずは準備運動です。

体のウォーミングアップにもなりますが、気持ちも盛り上がります。

屈伸とジャンプを2セットくらいしましょう。

 

順番に前に出てもらい、腰に万歩計を装着します。

ポケットでもベルトのところでも良いです。ベルトだとちょっと感知しづらいかな?

人によってつける場所が違うとカウントに差が出てしまうので、同じ位置につけましょう。

 

ゲーム風景

カウントを0に リセットして、よーいスタート!

30秒間、その場でひたすら足踏みです!

動き回っても良いルールなのですが、歩数を稼ぐためにはその場が一番効率良いようです。

 

5秒前くらいからカウントダウンをして、時間になったら終了!

すぐに止まってもらい、何歩になったかをチェックします。

 

個人戦ならば1人1人の歩数で、

チーム戦ならばチームの合計歩数で勝負して、多い方の勝ちです!

 

ワンポイントアドバイス

こどもは必死に足踏みします。やる方も応援する方も盛り上がります。

ゲーム会が終わった後も、こどもたちが自主的に延長戦をしていたくらいですから、よほど気に入ったのだと思います(笑)

 

万歩計の精度が重要です。

私 は100均の万歩計を使ったせいか、あまり早く動きすぎると逆にちゃんとカウントしませんでした。

みんなが同じ万歩計を使う分には条件が一緒なため、大きな問題はありません。

ただ、ゲーム中の故障が怖いです。

 

途中で腕が触れてしまったのか、不意にリセットボタンを押してしまう子もいました。

30秒後に6歩だと、さすがにかわいそうです。

少し休んでから、もう1回チャレンジさせてあげましょう。

 

当然ですが、万歩計を手に持って振るのは反則です。

最初に注意しておきましょう。

 

気をつけること

ゲーム中に万歩計が落ちることのないように、しっかりつけてあげてください。

安物だと、特に壊れやすいと思います。

 

ワンピースなどを着ている子がいる場合は、ベルトを上から着けて、それにつけてあげても良いと思います。

 

中高大学生向けアレンジ

万歩計を手で持って振る

腰につけてその場で足踏みするルールは、小学生向けです。

歩数計を手に持ってひたすら振るルールにアレンジすると、中高大学生でも楽しめます。

 

その場合は、時間を1分にしましょう。

1分間振り続けるのはかなりしんどいです(笑)

瞬発力と共にペース配分も問われるので、なかなかおもしろくなります。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ