一滴もこぼさず運べ!!『ペットボトル水くみリレー』の遊び方

水汲みリレーの様子

バケツから汲んだお水をペットボトルに素早く移す!スピードと正確さの両方が求められるゲームです!

  • 人数 :6人~
  • 年齢 :幼児~中学生(4才~15才)
  • 時間 :1ゲーム10分以内
  • 運動量:☆☆ (中)
  • 道具 :2Lペットボトル2個、コップ、画用紙、ぞうきん

 

おすすめポイント

  1. ルールがシンプルですぐ理解できる!
  2. こぼさないように、おっとっと!急ぎつつもあわてずに!
  3. 途中でこぼした分は自分で掃除!ぞうきんがけも一緒に身につく!?

 

準備

道具

2015-02-14-10.03.38

  • ポリバケツ1個
  • ペットボトル(2Lペットボトル2個以上)
  • コップ2個
  • ぞうきん2枚以上
  • 画用紙

ペットボトルを画用紙で包んでおくと、結果発表の時まで中身が見えないためワクワク度がアップします。

水に色をつけたい場合は、水彩絵の具等を用意します。

 

コースセッティング

2015-02-14-10.07.37

スタート地点とゴール地点にそれぞれアイテムを設置します。

距離は5mくらい開けましょう。

 

2015-02-14-10.07.45

スタート地点にはポリバケツ1つと、コップをチームの数だけ用意します。

バケツには水をたくさん入れます。

水は着色すると、判定の時見やすくて良いです。

(今回は余っていた緑色の食紅で着色したため、濁っているように見えてしまいました。でも、決してぞうきんがけした後の汚水ではありません。笑

 

こぼした分は自分で拭きます

ゴール付近にはペットボトルとぞうきんを設置します。

トレーはあってもなくても良いです。

 

ゲームのルールと流れ

ルール

  1. チームに分かれ、先頭の人から順番にスタート。
  2. スタートでコップに好きなだけ水をくんで、なるべくこぼさないようにしてゴール地点まで運ぶ。
  3. ペットボトルに水を移す。
  4. 途中で水をこぼしたら、帰りに自分でぞうきんで拭く。
  5. ただし、ペットボトルに入れる時にこぼした分は拭かなくてOK
  6. 戻ったら次の人にバトンタッチ。
  7. 何巡かして、時間内にたくさん移せたチームの勝利

 

流れ

2015-02-14-11.00.04

チームに分かれて、スタート地点に並びます。

スタッフが一度実演しつつ、ルールを説明します。

みんなが理解したら、ゲームスタート!

 

コップに水をくんで、ゴールまでこぼさないように移動します。

 

2015-02-14-11.00.59

ゴール地点にあるペットボトルに水を移します。

慌てるとロスが多くなりますが、慎重になりすぎると時間がかかります。

素早く正確に!

 

運ぶ途中で水をことぼしてしまった場合、帰りに自分で拭きます。

どこを拭くか、スタッフが指さして指示してあげてください。

ゴール地点のぞうきんを使います。

終わったら元に戻します。

ただし、ゴール地点でこぼした水は拭かなくてOKです。

 

自分の番が終わったら、次の人にバトンタッチ。

一番後ろまでいったら、先頭の人が受け取ります。

 

だいたい2巡したくらいのタイミングで、ゲーム終了。

ラスト5秒前くらいからカウントしてあげてください。

 

2015-02-14-11.03.06

終了後、みんなでゴール地点に集まります。

画用紙のカバーをとって、水の量を比べます。

多いチームの勝利です

 

アレンジ案

2015-02-14-11.00.42

今回は時間制で遊びましたが、「先にペットボトルをいっぱいにしたチームが勝ち」というルールでも遊べます。

 

幼児の場合、水を持って移動するのは少し難しいかもしれません。

バケツもゴール地点において、その場でくむようにすると、少しやさしくなります。

 

気をつけるポイント

水ですべらないようにしましょう。

ぞうきんで拭く時間がもったいないとわかるのか、みんな慎重に移動して、ほとんどこぼしません。

その代わりゴール地点では結構水がこぼれます。

ぞうきんは少し多めに用意しておくと良いでしょう。

 

参考資料・ネタ元

このゲームは、以下の本のアイディアを参考にしました。

イラスト豊富とても見やすく、説明もわかりやすいのでオススメです。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ