リズムに合わせてテンポよく!『鳴き声・擬音語 連想ゲーム』の遊び方

鳴き声擬音語連想のパーティーゲーム

猫はニャーニャー、時計はチクタク♪どんどんスピードアップしていくリズム系パーティーゲームです!

  • 人数 :8人~
  • 年齢 :小学校高学年~(10才~)
  • 時間 :1ゲーム10分以内
  • 運動量:☆ (少)
  • 道具 :ホワイトボート(点数記入用。なくても可)

 

おすすめポイント

  1. 15人くらいなら全員で同時に遊べて盛り上がる!
  2. リズムに合わせて瞬時に答える!頭の瞬発力が必要!
  3. 一生懸命鳴き真似するこどもがとってもかわいい!

 

準備

前もって、「動物名・鳴き声」や「物・擬音語」のパターンを用意しておきます。

参加者の年齢によっては、あえてパターンを提示せず難易度を上げるのもアリです。

 

動物

  • ねこ→ニャーニャー
  • いぬ→ワンワン
  • きつね→コンコン
  • ぶた→ブーブー
  • うし→モーモー

など。

 

  • 時計→チクタク
  • 電車→ガタンゴトン
  • コーラ→シュワシュワ
  • 雨→ザーザー
  • シャーペン→カチカチ

など。

 

物と擬音語の方がバリエーションが多いです。

また、答えとなる擬音語が1つとは限りません。

時計ならチクタクもOKですし、カチカチでもOKです。

 

ゲームのルールと流れ

ルール

  1. 誰か1人からスタート。
  2. リズムに合わせて、時計回りに進んでいく。
  3. 名前→鳴き声・擬音語の順で答える。
  4. リズムに合わせて答えられなかったらアウト。
  5. 生き残ったチームorミスの少なかったチームの勝ち!

 

流れ

司会からルール説明

全員で丸くなって座ります。

司会がルールを説明します。

完全個人戦にするやり方と、2人1組のチーム戦にするやり方があります。

ここではチーム戦の説明をしますが、個人戦のやり方は『アレンジ案』で説明します。

 

ゲームの流れ

先頭の人を決め、そこから時計回りにゲームが進んでいきます。

みんなで手拍子したり膝をたたいたりして、「トントン、トントン♪」と一定のリズムを作ります。

先頭の人が動物の名前を言ったら、隣の人がその動物の鳴き声をリズムに合わせて答えます。

その次の人がまた別の名前を言って、隣の人が答えます。

これをぐるぐると続けます。

 

動物の名前と鳴き声のパターンをあらかじめいくつか決めておくと難易度が下がります。

逆に、完全に即興にすると上級者向けになります。

 

得点記録

途中でつっかえてしまったり、同じ名前を2回使ってしまったらアウトです。

アウトした回数を記録します。

アウトしたチームが抜けていく、サドンデスにするルールもあります。

人数が多いときはこちらがオススメです。

 

慣れてきたら徐々にテンポを速くしていきます。

何周かしたあと、生き残ったor一番ミスの少なかったチームの勝利です!

 

ワンポイントアドバイス

チーム戦の場合、いかに答えやすい問題を仲間に出すかがポイントになります。

個人戦の場合は、いかに難しい問題を出すかが勝利の鍵になります。

 

アレンジ案

個人戦でも遊ぶことが出来ます。

また、参加者に合わせて難易度が調整できます。

 

個人戦の遊び方

個人戦の場合は、動物名と鳴き声を両方答えます。

1番目:こねこ♪

2番目:にゃんにゃん、こいぬ♪

3番目:わんわん、きつね♪

といった具合です。

 

もちろん、誰も答えられないような出題をしてはいけません。

(「ちょうちょ」とか。鳴きません。)

次の人が答えられなかった場合、出題者が正解をすぐに提示できるようにしましょう。

司会がその正解を判定して、OKならば答えられなかった人がアウト、ダメなら出題者がアウトです。

 

問題による難易度設定

動物と鳴き声よりも、物と擬音語の方がやや難しいです。

また、あらかじめ決められたパターンから選ぶよりも、その場で即興で答える方が難しいです。

 

リズムパターンによる難易度設定

最初は、名前と鳴き声の間にワンクッション入れましょう。

例: トントン→『こねこ』→トントン→『ニャーニャー』→トントン→……

こうすると、考える時間が一瞬出来るので、少し簡単になります。

 

慣れてきて、物足りなくなったら、ダイレクトに答える。

例: トントン→『こねこ』→『ニャーニャー』→トントン→……

こうすると、ぐっと難しくなります。

 

もちろん、テンポそのものを早めてもOKです。

 

気をつけるポイント

答えが妥当か、リズムにギリギリ間に合ったか否かを判定するのは司会です。

公平なジャッジはもちろんですが、堂々とその場を仕切ることで、みんなが安心してゲームを楽しむことが出来ます。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ