ラミネートでワンラックアップ!『しおり・ルームプレート』の作り方

ラミネートで手作りしおりやルームプレート

好きなイラストを描いてラミネートするだけ!仕上がりも耐久性もぐーんとアップです♪

  • 対象  : 幼児以上(4-12才)
  • 工作Lv : ☆ (1.小学校低学年以上)
  • 大きさ : しおりサイズから、最大A4サイズくらいまで。
  • 材料費: 1つ100円未満

 

道具

ラミネーター

  • ラミネーター
  • 穴開けパンチ
  • マジック、クレヨン、色鉛筆など。

今回の工作で要になる道具が『ラミネーター』です。

専用のフィルムで挟んで、機械に通すだけで、強度とクオリティが何倍にも増します!

 

ラミネートした作品を見せると、「え、これ自分で作ったの??」とよく驚かれます。

しおりやルームプレートはもちろん、ポスターやお店のメニューにも使えます。

防水状態になる上、こどもが多少乱暴に扱っても壊れないくらいの強度になりますよ。

 

色々なサイズがありますが、家庭用のA4サイズでOKです。

私も、A4サイズのものを使用しています。

大きいポスターを作るときなどは、教会の人からA3サイズのラミネーターを借りて使っています。

 

材料

色画用紙などなど

画用紙

  • ラミネートフィルム(100ミクロンまたは150ミクロン)
  • 色画用紙
  • シール
  • リボン
  • 折り紙

紙をベースに、好きなものを使ってデコレートできます。

材料をたくさん用意して、こどもに選んでもらいましょう。

ただし、あまり厚すぎると上手く挟めなくなるので注意してください。

 

ラミネートフィルムは、100ミクロンのものと150ミクロンのものがあります。

150ミクロンのものの方が少し高いですが、強度や仕上がりは数倍上です。

あえてペラペラな仕上がりにしたいのでなければ、150ミクロンのフィルムをオススメします。

 

作り方

しおり作り中~

まずは、画用紙にイラストを描きます。

小さい子には、お手本を用意してあげると作りやすいと思います。

シールや折り紙も自由に使えます。

 

こんな感じ

描き終わったら、フィルムで挟みます。

しおりのように小さいものの場合、1枚のA4サイズのフィルムに複数並べた方が経済的です。

 

イラストを挟みます

並べたら、パタンと閉じます。

この時、髪の毛やホコリが入らないように注意しましょう。

一緒にラミネートされてしまいます。(涙)

 

複数並べるときは、ぎゅうぎゅうに詰めず、写真のように端に少しスペースを残してください。

 

ラミネート中~

閉じている側から、ゆっくりラミネート機に差し込みます。

先だけ入れれば、あとは自動的にゆっくり進んでいきます。

 

ラミネート完了!

A4サイズでも、1枚30秒以内にラミネート完了です。

 

ラミネート後は、ハサミで簡単に切れます

ラミネート後は、ハサミで簡単に切ることが出来ます。

しおりの場合は、穴開けパンチを使って、リボン等を通すこともできます。

 

これで、完成です!

見た目がカッコイイだけじゃなく、防水状態になるので、長持ちします♪

 

気をつけるポイント

ラミネーターは加熱してフィルムをくっつける仕組みです。

もちろん、やけどしにくい構造になっていますが、それでも機械を使う作業は大人がやってあげてください。

 

切るときは、カドがとがったりしないように気をつけてカットしてください。

きちんとラミネート出来たら、お風呂に入れても大丈夫なくらいの防水になります。

ただし、しおり用に穴を開けた部分からは少しにじむことがありますので、注意してください。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ