組み合わせ次第でバリエーションいろいろ!『スプーンリレー』の遊び方

2016-02-06-10.50.02

ボールやスプーンを使い分ければこどもから大人まで!さらに遊びやすくなった定番ゲームです!

  • 人数 :6人~
  • 年齢 :幼児~大人(5才~)
  • 時間 :1ゲーム10分以内
  • 運動量:☆☆ (中)
  • 道具 :スプーン、ボール、ストップウォッチ

 

おすすめポイント

  1. 室内でもできる定番ゲームのスプーンリレー!
  2. 道具の組み合わせを変えれば、参加者に合わせて難易度調整可能!
  3. コースを変えてさらにアレンジするのもOK!

 

準備

道具

2016-02-06-09.53.52

  • ボール
  • スプーン

定番のスプーンリレーですが、道具によって難易度やゲームの雰囲気をアレンジすることができます。

ボールは、ピンポン球・ゴルフボール・ジャグリングボール(ビーンズバッグ)など。

スプーンはアイススプーン、ティースプーン、大きめのスプーンなど。

 

スプーンは大きく、くぼみが深いほど簡単

ボールは重く柔らかいほど安定するので簡単です。

上の写真だと左側のものが難しく、右に行くほど簡単になります。

 

ジャグリングボールは固くないのでスプーンにしっかりフィットし、重くて安定感があるのでほとんど転がりません。

これなら、幼児でもOKです。

それでも難しい場合は両手で持つようにしましょう。

 

コースセッティング

2016-02-06-09.56.52

スタートとゴールを作ります。

折り返し地点にはイスやカラーコーンを置きます。

 

距離は3m-5mくらいです。

年齢に合わせて調整しましょう。

 

ゲームのルールと流れ

ルール

  1. 先頭の人から順にスタート。
  2. 折り返して、ちゃんとスタートライン内に入ってからバトンタッチ。
  3. 途中で落としたら、落としたところから再開。
  4. 先に一周したチームの勝ち!

 

流れ

2016-02-06-10.45.36

チーム毎に分かれて並びます。

スタッフが実演しながらルールを説明します。

 

人数が同じではないといけないため、人数差がある場合は2回やる人を決めておきましょう。

その際、連続で同じ人が運ぶことのないようにしましょう。

バトンタッチのタイムロスがないと、そのチームだけ有利になってしまうからです。

 

2016-02-06-10.47.31

説明が終わったら、ゲームスタート!

スタッフは、ストップウォッチでチーム毎にタイムを計ります。

 

なるべく早く!

でも落とさないように!

 

2016-02-06-10.47.13

コーナーは特に気をつけましょう。

ここで落とす人が多いです。

 

2016-02-06-09.59.32

もし落としたら、すぐに拾って再開します。

ボールが前の方に転がっていっても、落とした場所まで戻ってから再開します。

1コースに1人スタッフがついて、チェックしてあげましょう。

 

2016-02-06-10.50.08

バトンタッチの部分は慎重に。

必ず、スタートラインの内側で手渡すようにします。

 

そのまま最後までリレーをつないで、全員終わったらゲーム終了!

一番早いチームの勝利です!

 

ワンポイントアドバイス

年齢差がある場合、使う道具を途中でかえることで対応できます。

前半のこどもは大きいスプーンを使うけれど、後半の大人は小さいティースプーンを使う、という具合です。

バトンをつなぐ感覚を大切にするなら、ボールはかえない方がよいと思います。

 

アレンジ案

コースをジグザグにしてアレンジすることもできます。

ただ、このゲームを遊ぶ時はみんな手元に集中しているので、コースを見る余裕はあまりありません。

複雑になりすぎないようにしましょう。

 

さらに難しくするならば、卓球ラケットを使用します。

高校生・大学生のみのメンバーで遊ぶ場合はある程度難しい方が盛り上がります。

(卓球ラケットバージョンの記事はこちら)

→『落としても割れない!『卓球スプーンリレー』の遊び方

 

気をつけるポイント

みんな手元に集中するので、ぶつかったりこけたりしやすいです。

障害物を周りに置かず、コースを広めに確保してあげてください。

 

 

ジャグリングボール(ビーンズバッグ)は、落ちにくいうえに、落ちても転がりません。

参加者の年齢が低い場合は特にオススメです。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ