暴発しにくい『割りばしゴム鉄砲』の作り方

割りばしゴム鉄砲

先端と引き金に溝をプラスした、簡単だけど暴発しにくい割りばしゴム鉄砲の作り方です!

  • 対象  : 小学生以上(6-12才)
  • 工作Lv : ☆☆ (2.小学校低学年以上)
  • 大きさ : 約30cm×10cm

 

材料

割りばしゴム鉄砲の材料

  • 割りばし 4本(4膳)
  • 輪ゴム 6本 (+弾用輪ゴム数本)

割りばしは、100コ1セットを100均で買うことが出来ます。

私は長さ20cmのものを使いましたが、多少サイズが違っても大丈夫です。

 

使う道具は、ハサミ・カッターです。

 

部品の加工

ゴム鉄砲の銃身

1本目を、つながっている部分を2cm残して切ります

これが銃身、銃の先端部分になります。

2cm分の突起によって、ゴムがひっかかりやすくなっています。

 

部品のカット

1本目の残りを8cmのところで切ります。

次に、2本目を半分に切きります。

 

トリガーの加工

8cmに切り分けた部分はトリガーになります

カッターで少し削って、写真のように溝をつけましょう。

 

暴発しにくい仕組み

銃身の真ん中くらいも、同じようにカッターで削って溝をつけます。

この2つの溝に輪ゴムがひっかかるので、暴発しにくくなります。

 

割りばしの切り方

割りばしの切り方

ハサミをぐるぐる回してて、切れ込みをまんべんなくいれます。

あとは手でポキッと折ってください。

カッターで切るときは結構力が必要になるで、怪我に注意しましょう。

 

組み立て

完成図

切り分けたパーツを、写真のように組み立てます。

各部分を輪ゴムで固定します。

 

裏から見た様子

余った部品(10cm程度)は、写真のように銃身の裏側に組み込むとぴったり収まります。

 

これで、完成です!

 

さらに丈夫にするには

簡単にするため、輪ゴムで組み立てました。

銃身や持ち手の部分をボンドで固定すると、何倍も丈夫になります。

使ってる途中にズレないので、さらに暴発しにくく、安全になります。

ボンドをつけた後は、一晩放置してしっかり乾燥させましょう。

 

気をつけるポイント

溝がしっかりあるので、普通よりは暴発しにくい構造になっています。

それでも、誤って暴発しないように十分注意してください。

もちろん、わざと人や動物に向けて撃ってはいけません。

 

カッターで加工するときはケガに注意しましょう。

机を傷つけないためにも、カッターマットを使いましょう。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ