『7並べ』の遊び方と追加ルール

7narabe01

追加ルール『トンネル』や『ジョーカー』で意外と奥が深い!みんなで遊べる定番ゲーム!

  • 人数 :3人~8人くらい
  • 年齢 :小学生以上(6才~)
  • 時間 :1ゲーム10-15分程度
  • 戦略性:☆☆ (中)
  • 道具 :トランプ1セット

 

基本ルールと勝敗条件

  1. 最初に、すべてのカードが配られる。
  2. 1人ずつ順番に手札を場に出していく。
  3. 手札がなくなったらあがり。早くあがった人が勝ち
  4. 手札が出せないときはパス。
  5. パスは1人3回まで。パス4回(パス3回の後にまた出せなくなったら)、その時点で負けてゲーム離脱

 

わざとパス(出せるカードがあるのにパス)することも出来ます。

パスが4回になってゲーム離脱したら、手札を公開して、置くはずだった場に並べます。

 

勝敗順位

順位は、

『あがった人の中で早い順』→『ゲームオーバーになった人の中で遅い順』

の順に決まります。

つまり、『最初に手札がなくなった人』→『2番目に』→『3番目に』→………→『最後にゲームオーバーになった人』→『最後から2番目に』→……→『最初にゲームオーバーになった人』となります。

 

カードの強弱

このゲームでは、カードの強弱は特にありません。

手札に7に近いカード(6・8)が多くあれば有利です。

逆に、端のカード(A・K)が多いと不利です。

 

ゲームの流れ

最初は7を1列に

スタート時に、ジョーカーを除くすべてのカードを全員に配ります。

人数によっては、手札の枚数に1枚差が出ることもあります。。

 

各プレイヤーは自分の手札を確認します。

7を持っていた場合、場の真ん中に並べます。(上からスペード、ハート、ダイヤ、クラブの順番)

ダイヤの7を持っていた人から時計回りにスタートです。

 

順番に並べていく

今出ている札の左右に、1人1枚ずつ出していきます。

 

出せない時はパスをします。パスは3回までです。

出せるのにわざとパスすることも可能です。

 

4回目のパスをしたら、その時点でゲームオーバー。

持ってる札を場に並べます。

 

ゲームオーバーにならないようにしつつ、全ての手札を早く並び終えた人の勝ちです!

 

戦略と追加ルール

定番でシンプルなゲームです。

小さい子どもは、素直にカードを並べていくだけで楽しいようです。

こちらもそのペースに合わせましょう。

 

逆に、中学生以上が相手の時は色々戦略を練ってみましょう。

6や8などのカードを出さずにわざと列をとめたり、わざとパスして相手を窮地に追い込んだりします。

 

といっても、調子に乗ってパスをしすぎると自分の首を絞めることになります。

1回パスするということは、自分が出すチャンスが減るわけですから、その分あがるのが遅くなります。

かけひきが重要になってきます。

パスがオススメなのは、相手をゲームオーバー(パス4回)に出来そうな時です。

 

追加ルール1 ジョーカー

ジョーカーを使うと、戦略の幅がぐっと広がります。

2枚使うことも出来ますが、最初は1枚が良いでしょう。

 

ジョーカーの使い方

手札にハートのJがあるけど、場にはハートの9までしかない場合。

ジョーカーを間に使うことで、スキップしてJを出すことが出来ます。

 

ジョーカーとチェンジ

この時、ハートの10を持っていた人は自己申告して、場にカードを出さなければなりません。

その人はジョーカーを手札に加えます。

(取るか取らないか、自分で選べるルールもあります)

 

ジョーカーは単独では使うことが出来ません。

ですので、序盤は便利ですが、終盤はお荷物になります。

もしジョーカーが最後まで残ってしまったら、負けです。

 

追加ルール2 トンネル

トンネル

このルールでは、カードが片方の端まで達したら、もう片端から出せるようになります。

たとえば、ハートのKが出されたら、その後はハートのAが出せるようになります。

 

トンネル開通後は、端からしか出せなくなります。

上の例だと、Kが出された後は、6は出せません。

わざと6を出さずに止めてた場合、6がお荷物になって立場が逆転します。

とてもおもしろいルールです。

 

トンネル開通後も相変わらず6から出せるルールもあります。

こちらの方が少し優しいですね。

 

まとめ

7並べは定番のゲームですが、バリエーションに富んだゲームです。

小さい子やゲームに不慣れな人がいる場合は、追加ルールなしで、みんなが出しやすいように素直に並べていきましょう。

高度な内容にしたい時は、ジョーカーあり、トンネルありで、わざと列をとめたり、わざとパスしたりして、トリッキーに遊びましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ