ビー玉転がし『コリントゲーム』の作り方と遊び方(木工)

プレイ中

昔なつかしのコリントゲーム。ビー玉がカラカラ落ちていく時の音がとてもキレイです!

  • 対象  : 幼児~小学生(3-12才)
  • 工作Lv : ☆☆☆☆ (4.中学生以上)
  • 大きさ : 約45cm×30cm×15cm
  • 材料費 : 2000円程度

別名パチンコゲーム・スマートボール。

正式にはコリントゲームと呼ぶらしいです。

木工でしっかりした作品になりますが、のこぎりや釘を使うため、こどもが自分だけで作るのは難しいかもしれません。

大人が作るか、手伝ってあげてください。

制作過程と、完成品を紹介します。参考になれば嬉しいです。

 

作り方

材料

材料

  • ファルカタ材(60cm×40cm×1.2cm) 1コ
  • 角材 2.5cm角×90cm 2コ
  • 角材 1.5cm角×30cm 1コ
  • くぎ(色つきが良いです)
  • 100均の止め金具(釘でも代用できます)
  • 輪ゴム (普通の輪ゴムと、幅広のもの)
  • 色画用紙
  • アクリル絵の具
  • ニス(水性 ツヤあり)
  • ビー玉

材料のほとんどは、ホームセンターと100均で買うことが出来ます。

木材はファルカタ材にこだわりませんが、やわらかい木を選ぶと作るのが楽です。

(他にはバルサ材など、軽い木材はだいたいやわらかいです。パイン集材のように堅いものは家具向きです。)

工具は、のこぎり・糸のこ(手動でok)・トンカチ・木工用ボンドです。

 

 組み立てと色塗り

仮組立

板を45cmと15cmに切ります。

15cmに切った方を、糸のこで図のようにカットします。

角材を周りに並べ、木工用ボンドで接着します。

台の後ろにも1カ所角材をつけて、傾斜を作ります。

 

コリントゲーム全体像

一晩おくとボンドが乾くので、アクリル絵の具で色づけをします。

アクリル絵の具は100均でも買えますが、文房具屋さんで買ってもそんなに高くないです。

 

混色すると、途中で絵の具を足すときに色が変わってしまいがちです。

気に入った色の絵の具を見つけて、混色せずそのまま使うのがオススメです。

また、水を余りつけず に塗ると、キレイに塗ることができます。

今回は、海と空をモチーフに塗ってみました。

 

絵の具が乾いた後(1~2時間?)、工作用水性透明ニスを塗ると、グレードがぐっと上がります。

耐久性も上がるのでオススメです。

今回はツヤありタイプを使いました。

 

ボードのくぎ打ちと発射台の金具のとりつけ

ストッパー

コースを考えながら、くぎを打っていきます。

深く打ち込む必要はありません。手で引っ張って抜けない程度に打ってください。

普通のシルバーのくぎではなく、色くぎを使うと見栄えがとってもよくなります。

実際にビー玉を転がしつつ、途中でつっかえない幅にしましょう。

 

発射台には、100均の金具を写真のように取りつけます。

引っ張りすぎて抜けたり、上下にブレたりしないように、下側にストッパーをつけているのがポイントです。(左下の丸い金具です)

 

くぎでもいいのですが、先がとがっているので金具の方が安全です。

ゴムが外れにくいですし、見栄えもよいです。

 

各部分の説明

 発射台

押し出す棒

これがないとコリントゲームは始まりません。

発射台のギミックは、輪ゴム1本です。

このくらいの強さがちょうどいいです。

ギミック:太陽・バンパー

くるくる太陽の仕組み

メインギミックである太陽の裏側はこのようになっています。

ストローを使い、ボードに刺した釘の上にかぶせます。

ビー玉が入るとくるくる回ります。しかも結構高速です。

 

このギミックのおかげで、全く同じ強さで打っても違うゴールに到着するようになります。

こういうギミックがあると、コリントゲームは一段と楽しくなります。

 

バンパーの仕組み

バンパーは、三角形に打ったっ釘に幅広の輪ゴムをかけて作ります。

上から色画用紙をかぶせると見た目がよくなります。

そんなに強く反射するわけではないのですが、釘とは違った反射の仕方をするのでバリエーションが増えます

 

台の傾斜

土台

台の裏側に角材を1つ入れて傾斜をつけています。

傾斜がきついと勢いが付きますがゲームが早く終わってしまいます。

傾斜が緩やかだとゆっくり落ちていきますが、たまに途中で止まってしまいます。

どちらも一長一短ですので、ゲームの主旨や対象年齢に合わせて高さを調整してください。

 

遊び方

押し出す棒

発射台の棒を引っ張って、手を離します。

ゴムの力でビー玉が打ち出されます。

強く打てば良いスコアが出るというわけではありません。

こども達も、最初はめいいっぱい引いて打ちっていましたが、徐々に加減して打つようになりました。

 

太陽が回転

ビー玉が太陽に入って、太陽が回っているところです。

写真ではややブレている程度ですが、実際は顔が認識できなくなるくらい高速で回ります。

 

ピンクは大当たり

もし、太陽下のピンク色の凹に入れば、大当たりです!

でも太陽くんは気まぐれでイジワルなので、なかなかココには入りません。

 

ころころ落ちている

後半は、等間隔に打ったくぎのコースです。

ここを通る時の音がとてもキレイです。

ゴールは3-4分割することができます。

 

運の要素も大きいですが、テクニック次第で大当たり率を上げることも出来ます。

打ち出すのがやっとの幼児もいれば、発射の強さを試行錯誤している高学年の小学生もいます。

幅広く楽しめる、バランスの良いゲームだと思います。

 

ちなみにこのコースだと、左→右→真ん中→大当たり(太陽下の凹)の順に入りやすいようです。

私の教会では、ゴールに合わせて景品がもらえます。

 

 おまけの看板

看板

せっかくなので、余った木材と画用紙で看板を作りました。

看板をパソコンで作って、白画用紙に印刷し、ラミネートしたものを両面テープでくっつけました。

 

コリントゲームをプレイ中

看板を横に並べると、楽しい雰囲気がぐっと増します。

 

木工なため、作るのがちょっと大変ですが、その分丈夫です。

普通に遊んでる分にはまず壊れないので、ずっと使うことが出来ます。

私の教会では、こども会の定番ゲームとして人気です。

コリントゲームを楽しみに来てくれるこどももいます。

 

ぜひ、作って遊んでみてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ