30cmってどのくらい??『ぴったり長さ当てゲーム』のルールと遊び方

紙テープで長さを当てるレク

定規を使わず勘と記憶で『ぴったり30cm』を目指す!みんな真剣になるパーティーゲームです!

  • 人数 :4人~
  • 年齢 :小学生~大人(6才~)
  • 時間 :1ゲーム15分程度
  • 運動量:☆ (少)
  • 道具 :紙テープ、30cm定規、筆記用具、巻き尺・メジャー(50cm以上のもの)

 

おすすめポイント

  1. 個人戦でもチーム戦でもOK!
  2. 遊びながら算数の勉強にもなる!?
  3. みんな熱中!どの子も真剣になるおもしろさ!

 

準備

道具

2015-05-09-14.53.40

  • 紙テープ
  • 筆記用具
  • 30cm定規
  • 50cm以上の巻き尺・メジャー

紙テープを80cm程度に切って、人数分用意しておきます。

 

筆記用具は自分の紙テープに名前を書く時に使います。

順番に使えばよいので、人数分なくても数本あれば大丈夫です。

 

50cm以上の巻き尺・メジャーは測定用です。

30cmのところをずいぶん長めに切ってしまう人もいますが、50cm以上になる人はほとんどいません。

参加人数が多い場合はスタッフ数人が同時並行で測った方がスムーズなので、複数用意しておいてください。

 

30cmジャストの定規はなくてもOKです。

ただし、まだ長さの単位を習っていない年齢の子どもがいて、ゲーム開始時に「このくらいだよ」とお手本を一瞬見せたい場合にはあると便利です。

 

コースセッティング

会場の準備は特に必要ありません。

机でも地べたでも、座って作業できる状態にしておいてください。

 

ゲームのルールと流れ

ルール

  1. 1人1本ずつ紙テープを配る。
  2. 定規を使わず、なるべく30cmに近づくようにテープを千切ってカット。
  3. 自分の手足などを使って長さの見当をつけるのはOK.
  4. 自分のテープには名前を書いておく。
  5. 時間になるor全員終了したらテープを回収し、長さを測る。
  6. 30cmに一番近い人の勝利!

 

流れ

2015-05-09-11.05.29

全員にルールを説明します。

チーム戦の場合はチームに分けます。

 

あらかじめ80cmサイズに切っておいたテープを、1人1本ずつ配ります。

定規を使わずに30cmを予測し、テープをちぎります。

ハサミを使わなくても、手で切ることができます。

 

道具を使うのは禁止ですが、自分の手足のサイズから推測するのはOKです。

 

2015-05-09-11.05.55

端っこはなるべくキレイにするように言っておくと、測定のとき楽です。

切り終わったら、筆記用具を配って自分の名前を書いてもらいます。

 

切り捨てたゴミの部分はスタッフが回収します。

 

2015-05-09-11.20.27

全員切り終わるか、決めた時間になったら測定開始。

1本1本、スタッフが長さを測ります。

 

2015-05-09-12.12.52

ホワイトボードやノート等に、1人1人の長さをメモしていきます。

1mm刻みで記録します。

 

全員測り終わったら、30cmに近い順にポイント獲得。

ピッタリ30.0cmの人には特別ポイントをあげます。

 

個人戦の場合は、近い順がそのまま順位になります。

チーム戦の場合は、メンバーの点数を合計し、一番点数の高いチームの勝利です!

 

ワンポイントアドバイス

算数好きの子はかなり乗り気で参加します。

嫌いな子は最初こそ嫌そうな顔をしますが、ゲームが始まるとかなり真剣に取り組みます。

じっくり時間をかけて考えるタイプの子もいるので、制限時間を最初に設定しておいた方がスムーズです。

 

気をつけるポイント

紙テープで手を切らないようにしてください。

まっすぐにしようと素早く「シュッ」とテープを伸ばすと、切れてしまうことがあります。

 

長さを測る作業に割と手間取るので、参加人数が多いときは測定係を2人以上用意しましょう。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ